« 鞍馬寺(14)本殿金堂・金剛床 | トップページ | 鞍馬寺(16)寝殿 »

2020年9月19日 (土)

鞍馬寺(15)翔雲台

鞍馬寺の本尊は「尊天」と称し、毘沙門天王、千手観世音菩薩、護法魔王尊の三身一体の本尊であるといいます。護法魔王尊とは、650万年前に金星から地球に降り立ったもので、その体は通常の人間とは異なる元素から成り、その年齢は16歳のまま年をとることのない永遠の存在であるといいます。

本殿金堂の前に翔雲台があります。

Img_5617 Img_5637


平安京の擁護授福のため本尊が降臨した場所とされ、中央にある板石は本殿金堂の後方より出土した経塚の蓋石です。
ここから比叡山を望むことができます。

Img_5636
 

 鞍馬寺 翔雲台

 鞍馬山は北方守護の浄域である。擁護受福のため、本尊ここに降臨ありて、はるか平安京をみそなわし給う。
 中央の板石は、本殿後方より出土したもので、平安時代より鞍馬寺に伝えられた如法写経会の経巻を埋納した経塚の蓋石である。
 板石の下から発掘された経塚遺物二百余点がことごとく国宝に指定された。

 

この周辺の紅葉が素晴らしいです!

Img_5620 Img_5619

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

 


偉人・歴史人物ランキング

 

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

 


偉人・歴史人物ランキング

 

« 鞍馬寺(14)本殿金堂・金剛床 | トップページ | 鞍馬寺(16)寝殿 »

源義経」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鞍馬寺(14)本殿金堂・金剛床 | トップページ | 鞍馬寺(16)寝殿 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ