« 2020年9月 | トップページ

2020年10月

2020年10月31日 (土)

鞍馬寺(21)双福苑

この辺り一帯が双福苑と呼ばれています。

Img_5676 Img_5674 Img_5675


天に聳える杉を「玉杉大黒天」と尊崇し、傍らには、福徳の神である「玉杉大黒天」「玉杉恵比寿尊」の祠があります。

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

 


偉人・歴史人物ランキング

 

2020年10月24日 (土)

鞍馬寺(20)中門

貞明皇后(大正天皇の皇后)が行啓の際、休息された石段の参道を降りてくると、中門があります。

Img_5671 Img_5673 Img_5672

元来、山麓の仁王門の横にあって勅使門または四脚門と呼ばれ、朝廷の使いである勅使の通る門でしたが、この場所に移築されました。

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

 


偉人・歴史人物ランキング

 

2020年10月17日 (土)

鞍馬寺(19)貞明皇后行啓御休息跡

貞明皇后行啓御休息跡は、大正13年、貞明皇后(大正天皇の皇后)が行啓の際、休息された場所です。

Img_5669 Img_5668 Img_5670

800pxempress_sadakobig1912

画像(Wikipediaより)

 

大正天皇の皇后。昭和天皇、秩父(ちちぶ)宮雍仁(やすひと)親王、高松宮宣仁(のぶひと)親王、三笠(みかさ)宮崇仁(たかひと)親王の生母。名は節子(さだこ)。明治17年6月25日公爵九条道孝(くじょうみちたか)の第四女として生まれる。1898年(明治31)華族女学校小学部を卒業、1900年5月10日皇太子明宮嘉仁(はるのみやよしひと)親王と結婚。12年(大正1)7月30日明治天皇の死去とともに皇后の宣下を受け、15年11月即位の大典を挙行した。26年12月25日大正天皇の死去により皇太后となり、30年(昭和5)には大宮御所(赤坂離宮御苑内)に移り、昭和26年5月17日狭心症のため死去、同年6月貞明皇后と追号された。陵墓は東京都八王子市の多摩東陵で、大正天皇と並んで葬られている。皇后としては病弱な大正天皇によく尽くし、皇太后としては救癩(きゅうらい)事業などを援助した。また和歌をたしなみ、それらは宮内庁書陵部編『貞明皇后御集』に収められている。
(コトバンクより)

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

 


偉人・歴史人物ランキング

 

2020年10月10日 (土)

鞍馬寺(18)巽の弁財天社

巽の弁財天社は、学芸・財宝を司る福神、弁財天が祀られています。

Img_5666 Img_5663

水琴窟も付設されています。

Img_5665

本殿の東南・巽の方角にあるので「巽の弁財天さま」と呼ばれ、福徳、智恵、財宝、技芸を授ける神として信仰されている。(駒札より)

Img_5667

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

 


偉人・歴史人物ランキング

 

2020年10月 3日 (土)

鞍馬寺(17)転法輪堂・洗心亭

転法輪堂、伝重怡上人礼拝之仏、木造阿弥陀如来座像(江戸時代)平安時代に13年間も堂内に籠り、毎日12万遍の弥陀宝号を唱え続けた重怡上人が、6万字の弥陀宝号を書いて法輪に納めたのが、転法輪堂の名の由来といいます。

Img_5656 Img_5662 Img_5655

洗心亭は、参拝者のための無料休憩所とギャラリーを併設しています。

 Img_5657Img_5658

洗心亭からの眺め

Img_5660

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

 


偉人・歴史人物ランキング

 

« 2020年9月 | トップページ

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ