« 源実朝の後室・坊門信子ゆかりの本覚寺 | トップページ | 胡宮神社(2) »

2021年2月24日 (水)

胡宮神社(1)

近江鉄道多賀線「多賀大社前駅」下車、徒歩15分ほどのところに鎮座する胡宮神社は、眼下に名神高速道路を見下ろす眺めの良い丘の上に立ち、寿福・延命に御利益があると伝えられています。

Img_0415 Img_0416

彦根在住の友人の車で案内してもらいました。


青龍山の巨石信仰が起源といわれ、祭神は多賀大社と同じ伊邪那岐命(いざなぎのみこと)・伊邪那美命(いざなみのみこと)。
もとは敏満寺(びんまんじ)の鎮守社であったので、敏満寺の境内であったといわれる場所に建っています。


敏満寺は、聖徳太子開基の天台宗の寺院で、湖東三山と並ぶほどの名刹でしたが、織田信長と浅井長政との戦により焼失、廃寺となり、神社のみが再建されました。

Img_0417 Img_0418


現在は胡宮神社の境内に、金堂や大門跡が残っています。

鎌倉時代前期の銘がある境内の銅製五輪塔は、重源(ちょうげん)が延命祈願をして願いが叶い、寄進をしたものと伝えられ、国指定の重要文化財になっています。

名神高速道路多賀サービスエリアから胡宮神社まで遊歩道が続いています。

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

 


偉人・歴史人物ランキング

 

« 源実朝の後室・坊門信子ゆかりの本覚寺 | トップページ | 胡宮神社(2) »

コメント

懐かしい彦根市の胡宮神社の見事な記事ですね!

やっと念願の胡宮神社を参拝することができました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 源実朝の後室・坊門信子ゆかりの本覚寺 | トップページ | 胡宮神社(2) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ