« 胡宮神社(2) | トップページ | 胡宮神社(4) 平清盛出生の謎 »

2021年3月14日 (日)

胡宮神社(3) 「旧敏満寺跡 古井戸と焼石の塚」

胡宮神社の境内を進んで行きます。

こちらをお参りしたのは、昨年の秋のことなので、紅葉が色づき始めた頃の画像となっています(;'∀')

Img_0430 Img_0431 Img_0432

 

旧敏満寺跡 古井戸と焼石の塚

Img_0436 Img_0438 Img_0439

 Img_0435 Img_0437

 天台仏教の法域として、1200年前から約700年間、堂舎48ヶ所余りあった敏満寺は、惜しくも元亀3年(1572)織田信長に焼かれて法灯は消えた。

 焼け跡を天正元年(1573)胡宮神社の境内として整備された時、散乱していた焼石や五輪塔をこの古井戸に投げ込んだ。

 平成の世となり、埋没していた古井戸を掘り返した時に出た石と五輪塔で、この塚を盛り上げだ。

 焼けただれた跡の見えるお塚の石や五輪塔は、敏満寺の遺物として貴重なもので、栄えていた寺院の姿を偲ばせてくれる。

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

 


偉人・歴史人物ランキング

 

« 胡宮神社(2) | トップページ | 胡宮神社(4) 平清盛出生の謎 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 胡宮神社(2) | トップページ | 胡宮神社(4) 平清盛出生の謎 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ