« 岡部六弥太忠澄が創建した普済寺 | トップページ | 西国へ落ちる平忠度が訪ねたという俊成社 »

2021年7月19日 (月)

平忠度の腕塚堂(平忠度塚)

ところ変わって、神戸にある平忠度の史跡を紹介します。

神戸市長田区にある平忠度腕塚堂(平忠度塚)

201210201546456b5201210201546442e6


 腕塚堂(平忠度塚)

 平忠度
は、平清盛の末弟で、歌道にもすぐれた豪勇で知られた武将でした。
源平一の谷合戦(1184年)のとき、平忠度は一の谷陣の大将でしたが、敗れて駒ヶ森指して落ちていく途中、源氏の武将岡部六弥太忠澄と戦い、首を討ち取ろうとしたところを、忠澄の家臣に後ろから右腕を切り落とされてしまいました。忠度はついに静かに念仏して討たれ、そのエビラ(矢を入れて背に負う道具)には、「行きくれて木の下かげを宿とせば花やこよひの主ならまし」という歌が書かれた紙片が結ばれていたといわれています。
 この腕塚は、忠度の切り落とされた腕を埋めたところと伝えられ、腕、足、腰の痛みが治ると人々から信仰されています。(駒札より)

201210201546442c5 20121020154643a40 2012102015471616a

20121020154715530

忠度の立派な祭壇があります。

201210201547165e0

この十三重塔はこの忠度を祀る石塔と伝えられています。

20121020154643f39

ここから東に約300メートル離れたところに平忠度胴塚がありますが、どちらも非常にわかりにくいところにあります。

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

 


偉人・歴史人物ランキング

 

 

« 岡部六弥太忠澄が創建した普済寺 | トップページ | 西国へ落ちる平忠度が訪ねたという俊成社 »

コメント

神戸の平忠度の腕塚堂(平忠度塚)の見事な記事と撮影ですね!

四方さん、ありがとうございます!(^^)!
神戸を旅した日々を思い出しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 岡部六弥太忠澄が創建した普済寺 | トップページ | 西国へ落ちる平忠度が訪ねたという俊成社 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ