« 清和源氏発祥の地「六孫王神社」 | トップページ | 神泉苑(2)源義経と静御前が初めて出会った場所 »

2021年8月29日 (日)

神泉苑(1)花見発祥の地

神泉苑は、延暦13年(794)、元は桓武天皇により平安京大内裏に接して造営された禁苑(天皇のための庭園)でした。

Img_3049

苑内には、大池、泉、小川、小山、森林などの 自然を取り込んだ大規模な庭園が造られており、 敷地の北部には乾臨閣を主殿とし、 右閣、左閣、西釣台、東釣台、滝殿、後殿などを伴う宮殿があり、当初の敷地は二条通から三条通まで、南北約500メートル、東西約240メートルに及ぶ池(現・法成就池)を中心とした大庭園でした。

Img_3050

桓武天皇による延暦19年(800)の行幸以来、歴代天皇は神泉苑で宴遊されました。

平城上皇の頃から、重陽節会(菊の節句)や、相撲節会など節会行事も恒例として行うようになり、嵯峨天皇は43回も神泉苑へ行幸されたといいます。

Img_3058
嵯峨天皇が初めて神泉苑の桜で、花見を行ったことから「花見発祥の地」ともいわれています。

3-20210413_3060005

二条城ほど花見客はおらず、ゆったりと花見をできるのも魅力なところです。

4-20210413_3060007


撮影日 2021.3.27

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

 


偉人・歴史人物ランキング

 

 

« 清和源氏発祥の地「六孫王神社」 | トップページ | 神泉苑(2)源義経と静御前が初めて出会った場所 »

コメント

京都の神泉苑は花見発祥の地とも言われる懐かしい所ですね!

四方さん、花見発祥の地と称されるだけに、桜が素晴らしいところですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 清和源氏発祥の地「六孫王神社」 | トップページ | 神泉苑(2)源義経と静御前が初めて出会った場所 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ