« 駒繋神社(2)源頼朝ゆかりの地名 | トップページ | 「岩淵の渡船場跡」を訪ねて(2) »

2021年10月26日 (火)

「岩淵の渡船場跡」を訪ねて(1)

一昨年の秋、東京メトロ南北線の赤羽岩淵駅から荒川周辺を散策してきました。

「岩槻街道岩淵宿問屋場跡之碑」
Img_4401 Img_4400

荒川に架かる新荒川大橋の途中で、東京都から埼玉県へとなります。

Img_4403 Img_4404 Img_4402

岩淵は古くからある地名である。室町時代の『小田原衆所領役帳』には、「太田新六郎知行江戸岩淵五ヶ村」とあり、すでに岩淵郷が複数に分かれていたことがわかる。五ヶ村の内訳は後の大字、すなわち、岩淵宿、稲付村、赤羽根村、袋村、下村であろうと考えられている。江戸時代には赤羽の八幡神社がこの五ヶ村の総鎮守であった。また、江戸時代にはこの岩淵から新堀村(現在の荒川区西日暮里)、下駒込村(現在の文京区本駒込)のあたりまで広く岩淵領が置かれていた。

 

岩淵宿日光御成街道の第一の宿駅であり、岩淵郷の本村である。「元禄の改め」では岩淵本宿と記され、「正保の改め」では岩淵町と記されている。明治に入り、岩淵本宿町が正式な名称となった。稲付村、赤羽根村、袋村、下村は、元は岩淵郷のうちであり、いつ頃分立したかは不明。岩淵宿、稲付村、赤羽根村は江戸時代には寺社領であった。袋村、下村は天領であったが、後に天領と寺社領の入会となった。神谷村は旗本領であった。また、岩淵宿、稲付村、赤羽根村、下村は荒川の対岸に持添新田を持っていた。赤羽根村は明治に入り赤羽村に改称された。

 

1889年(明治22年)、市制町村制により、岩淵本宿町、稲付村、赤羽村、袋村、下村、神谷村が合併し岩淵町となった。当初、北豊島郡が出した案は前述の六町村に上十条村を加え「赤羽村」とするものであった。上十条村が加えられていたのは、新・王子村には滝野川村の半分を加えるつもりであったことによる。「赤羽村」という名称にする予定であったのは、鉄道の発展により岩淵本宿町が衰退し、軍事都市赤羽が発達しつつあったことによるが、岩淵本宿町が分村の名前に変えられることへ大きく反発したため、結果として「岩淵町」が採用された。規模的には村のほうがふさわしいが、岩淵本宿町はかつて村であったことがなかったため、町となった。(Wikipediaより)

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

 


偉人・歴史人物ランキング

 

 

« 駒繋神社(2)源頼朝ゆかりの地名 | トップページ | 「岩淵の渡船場跡」を訪ねて(2) »

コメント

「東京の「岩淵の渡船場跡」を訪ねて」の素晴らしい記事です!

四方さん、コメントありがとうございましたm(__)m

東京でも観光地でないところをひたすら歩いています(;'∀')

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 駒繋神社(2)源頼朝ゆかりの地名 | トップページ | 「岩淵の渡船場跡」を訪ねて(2) »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ