« 駒繋神社(1)源義家・頼義父子、源頼朝が戦勝祈願した神社 | トップページ | 「岩淵の渡船場跡」を訪ねて(1) »

2021年10月17日 (日)

駒繋神社(2)源頼朝ゆかりの地名

世田谷区のHPに「馬引沢」「下馬」の地名と芦毛塚の由来が紹介されています。

ずっと古く文治5年(1189年)に源頼朝藤原泰衡を討伐するために鎌倉を出発して、奥州平泉へ向かってこの土地を通った時のことです。ここ、蛇崩の激しい沢筋にさしかかったところ、突然頼朝の乗った馬が暴れだして沢の深みに落ちてしまいました。急いで馬を助けようとしましたが、まもなく馬は死んでしまい、そこで頼朝は馬を沢沿いの地に葬り、その馬が芦毛だったことから芦毛塚と名づけました。頼朝はこの事故を戒めとして、「この沢は馬を引いて渡るべし」と申し渡したので、以後馬引沢の名がつけられたということです。 この芦毛塚は、今の下馬の地に残されています。


しかし、頼朝としては幸先の悪い出来事でした。その時1人の老婆が現れて、馬の死という不吉をはらって戦勝を祈るために、近くの子の神に詣でることをすすめたのでした。頼朝はこれに従って祈願した後、奥州に兵を進めたところ、幸い戦に勝つことができたので、帰りに再び子の神にお礼参りに立ち寄りました。そのとき頼朝が馬を繋いだ松は、駒繋松(今の松は3代目という)と名づけられ、子の神は駒繋神社と改められたということです。(世田谷区HPより)

 

社殿
Img_4499

社殿は、昭和38年に竣功した鉄筋コンクリートの流れ造り。明治31年に建てられた旧社殿は、本殿に納められています。


神楽殿
Img_4507

神楽殿は、明治25年に竣功しました。
毎年のお祭りの時に奉納行事として、地域の民舞連合による民舞が執り行われます。
また、時代劇をはじめテレビ、映画の撮影にロケ地として利用されています。


招魂社
Img_4508

昭和39年に旧拝殿を移築し、招魂社として創建されました。

御嶽神社・榛名神社・三峯神社
Img_4509

天保15年(1844)に、五穀豊穣、盗難・火難除、家内安全を目的とした講によりお祀りされました。


稲荷社
Img_4504

二社の稲荷神社は、本殿の北側南向きの社は、南の方を、南側北向きの社は、北の方をそれぞれ守護していると云われています。
(駒繋神社HPより)

 

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

 


偉人・歴史人物ランキング

 

 

« 駒繋神社(1)源義家・頼義父子、源頼朝が戦勝祈願した神社 | トップページ | 「岩淵の渡船場跡」を訪ねて(1) »

源頼朝」カテゴリの記事

コメント

源頼朝ゆかりの地名の駒繋神社の素晴らしい記事です!

源頼朝ゆかりの地名の駒繋神社の素晴らしい記事です!

源頼朝ゆかりの地名の駒繋神社の素晴らしい記事です!

四方さん、コメントありがとうございましたm(__)m

地名の由来を調べるのも面白いですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 駒繋神社(1)源義家・頼義父子、源頼朝が戦勝祈願した神社 | トップページ | 「岩淵の渡船場跡」を訪ねて(1) »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ