« 「岩淵の渡船場跡」を訪ねて(2) | トップページ | 平景清ゆかりの景清社 »

2021年11月16日 (火)

景清爪形観音

数年前の12月初旬、まだ紅葉が残る清水寺を訪ねました。

 

20130122121219b72

2013012212121723a

何度も訪ねているところですが、今回は今まで見逃していた石灯籠を目指します。

 

景清爪形観音は、清水寺の随求堂の前に立つ石灯籠の火袋の中にある小観音像です。

 

三重塔の裏側に当たります。

 

20130122121218352

景清は、平氏の侍大将で平景清とも呼ばれていますが、藤原秀郷の子孫の伊勢藤原氏(伊藤氏)で、伊藤景清ともいい、「悪七兵衛」の異名を持つほど勇猛であったそうです。

大河ドラマでは、伊藤景清の名が使われていましたね。

景清は、壇ノ浦の戦いで敗れた後に捕られ、預けられた八田知家の邸で絶食し果てたといわれていますが、異説もあります。

 

景清爪形観音に伝わるのは、景清は、源頼朝の命を狙って、清水寺に潜んでましたが、失敗し捕えられ、「源氏の世は見られぬ」と自らの目玉を刳り抜き清水寺に納めたという伝説です。


また、景清は、謡曲や歌舞伎、浄瑠璃にも登場します。

 

20130122121216e62

 

201301221212156b1_3

この悪七兵衛観音は、景清が爪で刻んだと伝えられています。

 

細長い穴が二つ開いていて、中に小さな石仏が納められているそうですが、覗いても見えませんでした。

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

 


偉人・歴史人物ランキング

 

 

« 「岩淵の渡船場跡」を訪ねて(2) | トップページ | 平景清ゆかりの景清社 »

平景清」カテゴリの記事

コメント

景清爪形観音の見事な記事です!

四方さん、ありがとうございます!

ここは素通りしてしまうことが多そうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「岩淵の渡船場跡」を訪ねて(2) | トップページ | 平景清ゆかりの景清社 »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ