« 北陸の旅(1)篠原古戦場 実盛の首洗池 | トップページ | 北陸の旅(3)実盛塚 »

2022年4月24日 (日)

北陸の旅(2)木曽義仲、主従の像

実盛とわかった兼光は「あなむざんや」と言った。

実盛はこの時、前の主君である源義朝に拝領した兜を付け、現主君である平宗盛に許された出で立ちだったという。

実盛は源為義、源義朝に仕え、後に平維盛に仕えた武将である。

その昔、義仲が幼い頃、父である義賢を義経の父・義朝の長男・義平に殺され、義仲は母とともに畠山重能にとらわれ、そのことを不憫に思った重能は、実盛に助けを求めた。

実盛は義仲らの安全を図るたため、木曽の中原兼遠のもとに義仲親子を預けた。

義仲は、幼い頃、自分の命を助け、育ててくれた実盛の首を抱き、涙を流した。

 

首洗池の前には実盛の首を抱き嘆く木曽義仲、兜の前にひざまずく樋口次郎兼光、がっくりとうな垂れる手塚太郎光盛の像があります。


木曽義仲
Photo_20220424232902

樋口兼光
Photo_20220424233001
  


手塚光盛
Photo_20220424232901

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

 


偉人・歴史人物ランキング

 

 

« 北陸の旅(1)篠原古戦場 実盛の首洗池 | トップページ | 北陸の旅(3)実盛塚 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北陸の旅(1)篠原古戦場 実盛の首洗池 | トップページ | 北陸の旅(3)実盛塚 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ