« 北陸の旅(2)木曽義仲、主従の像 | トップページ | 北陸の旅(4)多太神社と謡曲「実盛」 »

2022年5月 3日 (火)

北陸の旅(3)実盛塚

首洗池から1kmほどのところに実盛の墓と伝えられる「実盛塚」があります。

1-2

1414年、時宗の14世紀遊行上人が篠原古戦場近くの道場で布教している時、実盛の亡霊に会い、卒塔婆を書いて霊を慰めたという。これが世阿弥の謡曲「実盛」のモチーフになりました。

(「義経伝説 南加賀の旅」より)

2-2

生垣に囲まれた立派な黒松は、最期まで立派に武士として戦った実盛を表すよう。

3_20220503160001

与謝野晶子が、ここで

「北海が盛りたる砂に あらずして 木曽の冠者が きづきたる塚」

という歌を詠んでいます。

 

*実盛塚の前では毎年8月20日からの片山津温泉湯祭りの際、供養際をし、地元の女子中学生が白装束で「篠原慕情」を踊るそうです。

 

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

 


偉人・歴史人物ランキング

 

 

« 北陸の旅(2)木曽義仲、主従の像 | トップページ | 北陸の旅(4)多太神社と謡曲「実盛」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北陸の旅(2)木曽義仲、主従の像 | トップページ | 北陸の旅(4)多太神社と謡曲「実盛」 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ