« 積雲院の源朝長の墓 | トップページ | 源朝長が結ぶ三川と青墓 »

2022年9月 3日 (土)

昔話に語り継がれる源朝長と頼朝の絆

 静岡県磐田市、袋井市、森町に伝わる昔話「中遠昔話」の中にも源朝長の墓のことが登場しています。

1_20220903085301 2_20220903085301

1195年の10月のこと。鎌倉に幕府をつくった源頼朝は、諸国を統一したあと、東海道を通って京都へ上がることになりました。

 その頃の幕府の役人が記した道中日誌に、四日間の空白があります。この間に頼朝は、兄の朝長の墓を供養(放生会)したと伝えられています。
 

 朝長の墓があるのが、今の袋井市(友永)の積雲院門前。京都に上がる頼朝は、かつて父や兄と共に東国へ逃げたときの苦しさを思い出し、その途中で命を落とした兄の墓へ詣でて供養したのです。
 

 供養のための放生会は、近くの池のほとりで大々的に行われ、黄金の札をつけた数多くの鶴が放たれました。以来、人々は、この池を鶴ヶ池と呼ぶようになったということです。

 鶴の寿命は千年。江戸時代、羽に札をつけた鶴を捕まえた人が、「おそらくは、頼朝が放生会で放った鶴だろう。」と言ったという話が、幕末期の随筆に書かれています。

(「磐田昔ばなし」より)

 

朝長(『能楽図絵』)
Matsuke_heikichi__nogaku_zue__walters_95

鶴ヶ池についてはこちらをご覧ください。コチラ

 

また鶴ヶ池のすぐ近くには日本の秘境100選の一つであるトンボの楽園・桶ヶ谷沼があります。

 

桶ヶ谷沼についてはこちらをご覧ください。コチラ

 

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

 


偉人・歴史人物ランキング

 

 

« 積雲院の源朝長の墓 | トップページ | 源朝長が結ぶ三川と青墓 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 積雲院の源朝長の墓 | トップページ | 源朝長が結ぶ三川と青墓 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ