« 那須与一の孫・愚咄ゆかりの弘誓寺 | トップページ | 那須与一ゆかりの即成院(2) »

2022年12月 4日 (日)

那須与一ゆかりの即成院(1)

泉涌寺塔頭の即成院は、伏見長者と称された橘俊綱の創建で、元伏見大亀谷に所在していましたが、明治維新の廃仏毀釈で無住となり、泉涌寺塔頭の法安寺と合併し、明治35年に現在地に移されました。

ご本尊の阿弥陀如来坐像と二十五体の菩薩像が安置されています。

 

山門             本堂
Img_3772 Img_3778

 地蔵堂
Img_3774

即成院は那須与一ゆかりの寺とされ、京都で病にかかった与一が、即成院の阿弥陀如来に祈願したところたちまち回復。以来、阿弥陀如来を肌身はなさず持っていたと伝えられています。


また、「屋島の戦い」の時も一心に阿弥陀如来に祈ったところ、見事に扇の的を射る事が出来たといわれています。
Img_3773 Img_3771
Img_3776 Img_3775_2

毎年、成人の日に「泉涌寺七福神巡り」が開催されます。

 

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

 


偉人・歴史人物ランキング

« 那須与一の孫・愚咄ゆかりの弘誓寺 | トップページ | 那須与一ゆかりの即成院(2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 那須与一の孫・愚咄ゆかりの弘誓寺 | トップページ | 那須与一ゆかりの即成院(2) »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ