« 亀岡の那須与一堂(2) | トップページ | 六代御前の墓 »

2023年2月14日 (火)

平盛久ゆかりの主馬盛久之頸座碑

鎌倉の長谷寺からほど近い由比ヶ浜大通り沿いにある平盛久ゆかりの主馬盛久之頸座碑

Img_1277

平盛久
平盛国の子。元暦2年(1185)壇ノ浦の戦いで平家が敗れたあと,京都で捕らえられ鎌倉へおくられる。
由比ケ浜で斬られようとしたが,日ごろ信心していた清水観音の加護ですくわれたという。通称は主馬八郎。
(コトバンクより)

※主馬(しゅめ)とは、馬や馬具の管理をする役職

Img_1276

盛久は京都清水寺に千手観音像を奉納し、千日参りの祈願をしていた。由比ヶ浜で斬首されそうになった際には刀が折れて命拾いしたという。
また北条政子の夢に清水寺の高僧が現れて盛久の赦免を願ったということで、源頼朝は盛久を許し、さらに領地を与えたと伝わる
(Wikipediaより)


Img_1274

盛久ハ主馬入道盛国ノ子ニシテ
平家累代ノ家人ナリ
然ルニ平家滅亡ノ後
京都ニ潜ミ年来ノ宿願トテ清水寺ニ参詣ノ帰途
北条時政人ヲシテ召捕ヘシメ
鎌倉ニ護送シ
文治二六月此地ニ於テ斬罪ニ処セラレントセシニ奇瑞アリ
宥免セラレ剰ヘ頼朝其所帯安堵ノ下文ヲ給ヒシトイフ
昭和十年三月 鎌倉町青年團建

盛久は、主馬入道盛国の子であり、平家に代々仕えてきました。
平家滅亡後は、京都に潜んでいましたが、長年の願いであった清水寺参詣の帰り道に北条時政の部下に捕まり、鎌倉に護送されました。
文治2年(1186年)6月、この地にて処刑される時に不思議なことが起こったため、助命され、源頼朝から領地まで与えられました。


Img_1275

   謡曲「盛久」と由比ヶ浜

 平家の武将・平盛久は、源氏に破れ捕らえられて鎌倉に送られ、この由比ヶ浜の地で首を切られることになりました。
盛久は、京都清水寺の観世音菩薩を深く信仰していたので、熱心に祈りを続け処刑前夜に霊夢を見ました。
 そしていざ処刑の時、持っていた経巻から光が発散し、処刑人は目が眩んで振り上げた刀を取り落とし、太刀も二つに折れてしまいました。
これを聞いた源頼朝は盛久を招き「自分も同じ夢を見た、観世音のお告げである」と言って助命し、盛久は所望されて舞を舞うのでした。
   謡曲史跡保存会

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

 


偉人・歴史人物ランキング

 

« 亀岡の那須与一堂(2) | トップページ | 六代御前の墓 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 亀岡の那須与一堂(2) | トップページ | 六代御前の墓 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ