« 北条義時ゆかりの秋の覚園寺 | トップページ | 浄光明寺(2) »

2023年12月 6日 (水)

浄光明寺(1)

鎌倉市扇ガ谷(おうぎがやつ)にある浄光明寺は、1251(建長3)年、真阿を開山、第6代執権北条長時を開基として創建されました。

Img_9595

それ以前、源頼朝の命により、文覚上人の建てた草庵があったとも。

寺の入口には、二つの碑があります。

冷泉為相卿旧跡碑
Img_9592

藤谷黄門遺蹟碑
Img_9594

冷泉為相(れいぜい ためすけ)は、鎌倉時代中期から後期にかけての公卿・歌人で、藤原定家の孫にあたります。

1024pxreizei_tamesuke

父は権大納言・藤原為家

Fujiwara_no_tameie_20231206125101

 

母は阿仏尼。冷泉家の祖。

父・為家の死後、その領地などについて、異母兄弟の為氏と争ったため、母の阿仏尼は、8代執権北条時宗に訴えようと京都から鎌倉に来ました。

そのときの紀行文が『十六夜日記』です。

為相も母を追って鎌倉来て、この近くの藤ヶ谷に住んだことから、藤谷黄門(ふじたにこうもん)と呼ばれ、浄光明寺に葬られました。

(鎌倉市観光協会HP、Wikipediaより)

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

 


偉人・歴史人物ランキング

 

« 北条義時ゆかりの秋の覚園寺 | トップページ | 浄光明寺(2) »

北条長時」カテゴリの記事

コメント

鎌倉はどこにでも碑がたっているのがいいですね。

鎌倉時代の気分で生活してるのでしょう。

ラメールさん、こんばんは!
コメントありがとうございました。

ここは、昨年の鎌倉殿の13人の取材で立ち寄りました。
まだ記事にできずにいて、やっと今頃書いた次第です😊
「どうする家康」の記事も来年まで持ち越しそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北条義時ゆかりの秋の覚園寺 | トップページ | 浄光明寺(2) »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ