« 永福寺跡(2) 薬師堂~遣水 | トップページ | 鎌倉の勝長寿院と源義朝の主従供養塔 »

2024年7月 1日 (月)

銭洗弁財天宇賀福神社

銭洗弁財天宇賀福神社(ぜにあらいべんざいてん うがふくじんじゃ)は、鎌倉市佐助にある神社で、境内の洞窟にある清水で硬貨などを洗うと増えると伝えられていることから、銭洗弁天(ぜにあらいべんてん)の名で知られています。

1_20240701082601

文治元年(1185年)、源頼朝への宇賀福神の夢のお告げを元に、宇賀福神を祀り神仏の供養を行なったのが創建の由来。

頼朝が貧困にあえぐ庶民の救済を祈願したところ、文治元年(1185年)巳の月巳の日の夜、頼朝の夢枕に現れた宇賀福神の「この水で神仏を供養すれば天下太平になる」というお告げにより、この神社を建てたといいます。

その後、北条時頼が銭をここの水で洗って一家繁栄を祈ったことにならい、ここの霊水でお金を洗うと、増えて戻ってくるという信仰が広まりました。

境内には洞窟があり、トンネルをくぐって参拝します。

2_20240701082601

奥宮
本宮の横の洞窟。湧き出る清水は銭洗水(ぜにあらいみず)と呼ばれ、鎌倉五名水に数えられています。

洞内には宇賀神と弁財天が祀られ、銭洗い用のざるが用意されており、参拝者はざるに硬貨や紙幣を入れ、柄杓で3杯ほど銭洗水をかけて洗います。

3_20240701082601

4_20240701082601

洞窟を抜けると、鳥居のトンネルとなります。

5_20240701082601

ちなみに、お金は「使う派」「使わない派」で分かれるそうですが、使った方が御利益があるとのこと。

お金を清めたとしたら、皆さんはどっち派でしょうか?

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

 


偉人・歴史人物ランキング

 

« 永福寺跡(2) 薬師堂~遣水 | トップページ | 鎌倉の勝長寿院と源義朝の主従供養塔 »

源頼朝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 永福寺跡(2) 薬師堂~遣水 | トップページ | 鎌倉の勝長寿院と源義朝の主従供養塔 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ