白河天皇

2016年12月25日 (日)

高野山を訪ねて(7)東塔

東塔は、大治2年(1127年)、白河天皇の御願によって醍醐三宝院勝覚権僧正(かくごんのそうじょう)によって創建されました。

Img_1435

本尊は同天皇等身の「尊勝仏頂尊」。

脇侍には「不動明王」、「降三世(ごうさんぜ)明王」がお祀りされています。

天保14年(1843年)の大火災で焼失し、140年後の昭和59年(1984年)に再建されました。

Img_1436

応援のポチッのご協力お願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

2014年6月11日 (水)

白河院の勅願寺・尾道の西国寺

尾道の西国寺は、山門の大草鞋が目印です。

1_201211171507217e8 2_201211171507216c4

108段の石段を上ります。

3_20121117150720411

西国寺は、1108年、白河法皇により勅願寺となりました。

天平年中(729~749)僧行基の開基と伝えられる。
治歴2年(1066)火災にかかり本堂、五重塔などことごとく焼失した。当時の住職慶鑁和尚は、京都仁和寺の性信法親王に師事し、白河院を頼って復興を願い、金堂など七堂伽藍が再建された。官寺として末寺も百数ケ寺を数える備後備中安芸にわたる西国一の大寺となった。
天仁元年(1108)から七帝御国忌の不断経修行が命じられたが、度々武士団の侵略にあって中断し、寺領も尾道浦一円を残すのみとなっていた。
永和年中(1375~1379)再度火災にかかったが、備後の守護山名氏の手厚い外護によって至徳3年(1386)金堂(重文)が再建され、永享年中(1429~1441)までの約60年間に、三重塔(重文)など伽藍が整えられた。
仁王門(県重文)は仁王像ともに室町時代末期の作。
正面の大藁草履は、健脚を願っての奉納である。 (案内板より)

金堂

4_20121117151107b4b

行基菩薩の開基と伝わります。
度々の火災により焼失し、現在の堂は南北朝期、備後の守護山名一族によって再建されました。

5_201211171511070cc 6_20121117151106191


7_20121117151106d67

不動明王像

8_201211171515049a5 9_201211171515045f8


不動明王堂

10_2012111716345616d

大師堂

11_2012111716360095c

毘沙門天堂

12_20121117163637d39

三重塔

14_20121117163207add

永享元年(1429)足利義教の寄進によって建立されました。 階段の上からは、尾道市街が見渡せます。

13_2012111715150407e

応援のポチッのご協力お願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

 

2007年9月23日 (日)

三条西殿跡

平安~鎌倉時代、京都の烏丸通りを挟んで三条通りの両側に三条西殿と三条東殿がありました。ともに白河天皇や鳥羽上皇の御所であり、東を東三条内裏、西を西三条内裏とも呼ばれていました。
ここ西三条殿は、白河天皇が崩御された御所でもあり、その後は鳥羽天皇や待賢門院たちの御所となりました。(源平史跡177選より)

今はビルの前に説明板が残るのみです。
この説明板の場所をこのビルの警備員の方に尋ねたのですが、知らないと言われ、ビルの周りをぐるぐるしてしまいました。(笑) C_2


2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ