大庭景親

2015年3月22日 (日)

三島の旅(2)妻塚観音堂

東本町1丁目の妻塚観音堂は、平家一族である大庭景親(おおばかげちか)の妻が祀られた祠だと言われています。

Img_9407b Img_9408_b


Img_9410_b

源氏再興の祈願に三嶋大社に通う源頼朝の暗殺の命を受けていた景親は、ある日夕闇の中に人影を見つけ、頼朝と思って斬りつけました。
しかし、よく見ると斬り殺した相手は、頼朝ではなく自分の妻だったのです。 妻は、源氏に縁がある家に生まれたため、夫を思い止まらせようとしましたが、聞き入れてもらえず、自分が身代わりになるため、夫を待ち受けていたのでした。 妻を殺してしまった景親は、嘆き悲しみ、妻の冥福を祈るためにこの祠を建てたと言われています。

応援のポチッのご協力お願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ