源頼朝

源頼朝ゆかりの上田端八幡神社

東京都北区田端に鎮座する上田端八幡神社(かみたばたはちまんじんじゃ)は、文治5年(1189年)に源頼朝が、この地の豪族豊島氏と共に奥州の藤原一族を平定し、その帰路に駐留したあかしとして、鎌倉八幡宮を勧請し、祭祀を起し、郷土の鎮守とした神社です。
Img_4500 Img_4495 Img_4496 Img_4497
現在の田端は、江戸時代には田端村と呼ばれ、村内は上田端と下田端という二つの地域にわかれていました。各々の地域には、鎮守の八幡神社がまつられており、こちらの八幡神社は上田端の住民の鎮守で大龍寺が別当寺を勤め、もう一つの八幡神社は、東覚寺が別当となっていました。
祭神は品陀別命(ほんだわけのみこと)で、境内には稲荷神社・大山祗(おおやまつみ)神社および白鬚神社がまつられています。このうち白鬚神社は、現在の田端中学校の敷地内にあった神社で、その付近の畑の中には、争いの杉と呼ばれる神木がありました。木の高さは二丈五尺(約8.3m)余、幹の太さは九尺(約3m)位、遠くから望むと松の木にも見えたといわれます。
そこで、奥州平泉の高館(たかだち)に源義経を討伐に向かう途中の畠山重忠が、これを見て家来と松の木か杉の木かと争ったという伝承から争いの杉という名称で呼ばれるようになったといわれています。また、この杉の木は田端の三角(三岳)屋敷という場所にあり、太田道灌(*1)の争いの杉であるとの室町時代の伝承を述べる記録もあります。
このように境内の白鬚神社は、鎌倉から室町時代の貴重な伝承を伝えており、この伝承は村の鎮守の八幡神社と共に、北区の中世社会を考えるうえで重要な資料といえます。(東京都北区教育委員会)
Img_4499 Img_4501

応援のポチッのご協力お願いします。

| | コメント (4)
|

源頼朝ゆかりの田端八幡神社

東京都北区田端二丁目に鎮座する田端八幡神社
Img_4512 Img_4515
祭神は品陀和気命(応神天皇)
Img_4515_2 Img_4518
1189(文治5)年、源頼朝が、この地の豪族・豊島氏らと共に奥州藤原氏を平定し、その帰路に駐留したあかしとして、鎌倉八幡宮を勧請、祭祀を起こし、郷土の鎮守とした神社です。
Img_4513
この八幡神社は、田端村の鎮守として崇拝された神社で、品陀和気命(応神天皇)を祭神をしています。神社の伝承によれば、文治5年(1189)源頼朝が奥州征伐を終えて凱旋するときに鶴岡八幡宮を勧請して創建されたものとされています。別当寺は東覚寺でした。
 現在東覚寺の不動堂の前にたっている一対の仁王像(赤紙仁王)は、明治元年(1867)の神仏分離令の発令によって現在地へ移されるまでは、この神社の参道入口に立っていました。江戸時代には門が閉ざされていて、参詣者が本殿前まで進んで参拝することはできなかったらしく、仁王像のところから参拝するのが通例だったようです。
 参道の中程、一の鳥居の手前には石橋が埋められています。これは昭和初期の改修工事によって暗渠となった谷田川に架かっていたもので、記念保存のためにここへ移されました。
 社殿は何度も火災等に遭い、焼失と再建を繰り返しましたが、平成4年(1992)二)に氏子たちの協力のもとで再建され、翌年5月に遷座祭が行われました。境内には、稲荷社のほかに田端冨士三峯講が奉祀する冨士浅間社と三峰社があり、冨士浅間社では毎年2月20日に「冨士講の初拝み」として祭事が行われています。(平成9年3月 東京都北区教育委員会)
 
富士浅間社                             稲荷社
Img_4517 Img_4519


応援のポチッのご協力お願いします。

| | コメント (2)
|

源頼朝布陣伝承地(3)音無親水公園

音無親水公園は、小平市の東部を源にして隅田川に注ぐ石神井川の旧流路に整備された公園です。石神井川は、北区付近では“音無川”と呼ばれ親しまれ、古くから四季の行楽の名所、景勝の地でしたが、戦後の発展とともに石神井川は生活排水などで汚れた川となってしまいました。

Img_4535 Img_4534

昭和30年代から始まった改修工事で、飛鳥山公園の下に2本のトンネルを掘り、石神井川流路のショートカットが行われ、残された旧流路に、「かつての渓流を取り戻したい」として音無親水公園ができました。(東京都北区HP参照)

Img_4533 Img_4558_2  

音無川のこのあたりは、 古くから名所として知られていました。 江戸時代の天保7年に完成した「江戸名所図会」や、 嘉永5年の近吾堂板江戸切絵図、 また、 安藤広重による錦絵など多くの資料に弁天の滝、不動の滝、石堰から落ちる王子の大滝などが見られ、広く親しまれていたことがわかります。

「江戸名所花暦」 「游歴雑記」などには、 一歩ごとにながめがかわり、投網や釣りもできれば泳ぐこともできる、 夕焼けがひときわ見事で川の水でたてた茶はおいしいと書かれており、 江戸幕府による地誌、「新編武蔵風土記稿」には、このあたりの高台からの眺めについて、飛鳥山が手にとるように見え、 眼の下には音無川が勢いよく流れ、石堰にあたる水の音が響き、 谷間の樹木は見事で、 実にすぐれていると記されています。

こうした恵まれた自然条件をいまに再生し、後世に伝えることを願って、昭和63年、北区は、この音無親水公園を整備しました。

    たきらせの 絶えぬ流れの末遠く すむ水きよし 夕日さす影

                                

飛鳥山十二景のうち滝野川夕照より

 昭和六十三年三月                      東 京 都 北 区 」

応援のポチッのご協力お願いします。

| | コメント (0)
|

源頼朝布陣伝承地(2)松橋弁天

かつて金剛寺の領域内には松橋弁天と呼ばれる弁才天を祀った祠がありました。

当寺院傍に流れる石神井川の崖下にあった洞窟に祀られていた弁才天で、弘法大師の作ともいわれています。松橋は当地の旧名で、弁才天は岩屋にあったことから岩屋弁天ともいわれました。

『新編武蔵風土記稿』によると、この弁財天に源頼朝が太刀一振を奉納したと伝えられていますが、すでに太刀も弁財天像も失われているそうです。

弁天像を納めていた岩屋も、1975年頃に石神井川の護岸工事が行われた際に取り壊されてしまったそう。

現在都営住宅が建っている付近の崖に、かつては弁天の滝と呼ばれていた滝があり、夏は滝で水遊びをして涼をとる様子が、広重の「名所江戸百景』や『東都名所』をはじめ多くの錦絵に描かれているそうです。

Img_4553  

もともとこの辺りは、石神井川が蛇行して流れていた場所でした。上の絵は、『江戸名所図会』に描かれた「松橋弁財天窟 石神井川」ですが、ここでは「この地は石神井河の流れに臨み、自然の山水あり。両岸高く桜楓の二樹枝を交へ、春秋ともにながめあるの一勝地なり。」とこの辺りの景色を紹介しており、春の桜、秋の紅葉、殊に紅葉の名所として知られていたことがわかります。画面を見ると、岩屋の前に鳥居があり、その横に松橋が描かれています。水遊びをする人や茶店も描かれ、行楽客が景色などを楽しんでいる様子が見て取れます。

崖下の岩屋の中には、弘法大師の作と伝えられる弁財天像がまつられていました。このため松橋弁財天は岩屋弁天とも呼ばれていました。『新編武蔵風土記稿』によると、この弁財天に源頼朝が太刀一振を奉納したと伝えられていますが、すでに太刀も弁財天像も失われています。

また、現在都営住宅が建っている付近の崖に滝があり、弁天の滝と呼ばれていました。旧滝野川村付近には滝が多く、夏のこの辺りの滝で水遊びをして涼をとることが江戸っ子の格好の避暑となっていて、こうした様子は広重の「名所江戸百景』や『東都名所』をはじめ多くの錦絵に描かれました。松橋弁財天の辺りは四季を通して多くの人で賑わっていたのです。

滝は昭和初期には枯れていたようですが、像を納めていた岩屋は、昭和50年(1975)前後に石神井川の護岸工事が行われるまで残っていました。金剛寺境内をはじめ、区内には松橋弁財天へ行くための道標がいくつか残っており、当時の名所であったことをうかがわせます。(案内板より) 


石神井川
Img_4554

石神井川にかかる松橋
Img_4556 Img_4557

 

応援のポチッのご協力お願いします。

| | コメント (2)
|

源頼朝布陣伝承地(1)紅葉寺と呼ばれる金剛寺

今から5年前のことですが、東京都北区滝野川の源頼朝布陣伝承地を訪ねました。
秋は紅葉の名所として「紅葉寺」として知られている金剛寺は、源頼朝が伊豆で挙兵した後、隅田川を渡って武蔵国へ攻め入る際、陣を張った場所といわれています。
Img_4540 Img_4542
寺伝によると、弘法大師・空海がこの地を遊歴し自ら不動明王像を彫ったと言われている。 この不動像は現在当寺院の本尊になっているものである。
その後、平安時代末期・源頼朝の時代に源頼朝自身が当地に布陣を張り、堂宇を建立また田園を寄進したと伝えられている。
その後、荒廃したが戦国時代に天文年間に阿闍梨宥印という僧が再興し、真言宗の寺院にしたと言われている。
当寺院一帯は江戸時代から紅葉の名所として知られていたことから、当寺院は紅葉寺の別称でも知られている。
また、当寺院付近は豊島氏の支族滝野川氏の居館である滝野川城跡であるとも言われ、滝野川の歴史を知る上でも価値があるものとされている。(Wikipediaより)
Img_4541
治承4(1180)年8月、鎌倉幕府初代将軍の源頼朝は配流先の伊豆で挙兵し、石橋山の合戦で敗れて安房に逃れましたが、上総・下総を経て隅田川を渡り、滝野川・板橋から府中六所明神に向い、ここから鎌倉に入って政権を樹立します。
この途次(とじ)の10月、頼朝は軍勢を率いて瀧野川の松橋に陣をとったといわれます。松橋とは、当時の金剛寺の寺域を中心とする地名で、ここから見る石神井川の流域は、両岸に岩が切り立って松や楓(かえで)があり、深山幽谷(しんざんゆうこく)の趣をもっていました。崖下の洞窟には、弘法大師の作と伝えられる石の弁財天が祀られていましたが、頼朝は、弁財天に祈願して金剛寺の寺域に弁天堂を建立し、所領の田地を寄進したと伝えられます。
金剛寺は紅葉寺とも称されますが、これは、この地域が弁天の滝や紅葉の名所として知られていたことに由来するからです。(北区飛鳥山博物館 文化財説明板より)

Img_4543 Img_4544  

応援のポチッのご協力お願いします。

| | コメント (4)
|

随縁寺と共正寺 頼朝に配流された貫名氏

寺島村(現・浜松市南区寺島町)に無住状態で寺号だけが残っていた普済寺(現・浜松市中区広沢)の前身だった随縁寺は、明治32年(1899)10月、村櫛の地に移され、再興する形で開かれました。

この時、廃仏毀釈で廃寺となった宝谷寺の住職が、私財をなげうって買い取り、宿廬寺(浜松市西区庄内町)に預けられていた大日堂の大日如来像が須彌壇とともに移されました。

当初、随縁寺は、村の中央にある上の山の中腹に建てられ、本堂は宿廬寺の衆寮を移したものでしたが、山の中腹で不便であったため、大正11年(1922)に現在の地に移転。現在の本堂は、昭和4年(1929)に建てられたものです。(村櫛町自治会HPより)

1_20170702211701d1f

また、村櫛小学校の南西に共正寺という小堂があります。

以前は「法雲山共正寺」という日蓮宗のお寺でしたが、無住や老朽化のために、平成14年8月に小堂として再建されました。

2_20170702212013c9d 3_20170702212015429

村櫛開村の創、 共資公はこの地に葬られ(御山塚・990年)日蓮大聖人の御縁祖であられることを顕彰して有縁の祖霊に報恩供養塔として昭和28年日康上人より創建された。

共資公とは、井戸の傍らに捨てられていたという「井伊共保出生の井」で知られる井伊氏初代当主・井伊共保が、養子に入った遠江守・藤原共資のことです。

ここで気になったのが、「日蓮大聖人の御縁祖」という記述です。

以下、村櫛町自治会HPの説明です。

藤原共資から六代の孫で井伊盛直の第三子正直が 山名郡貫名 (袋井市)の地を領していたが、正直から三代の重忠が、源平の争乱に際し平氏に加担したとして、源頼朝の怒りにふれて安房国長狭郡東条村 小湊(千葉県鴨川市)へ配流された。その重忠の長子として承久三年(1221)小湊で誕生したのが薬王丸、後の日蓮上人であるとの伝承が残されている。(日蓮の出生地には諸説がある。)
 この寺は、大正8年(1919)、日蓮宗法雲寺(浜松市中区)の当時の住職の日康が、荒れたこの地(御山塚・日蓮様と呼ばれている)を発見し、日蓮を供養するために墓標を建立したことに始まる。昭和29年(1954)、浜松駅前にあった法雲寺の新築に伴い旧本堂を村櫛に移築して共正寺が創建された。ちなみに寺名の共正寺は共資公、 立正大師)の一字から付けられたとのことである。御山塚の山頂には、昭和30年、藤原 共資公ともすけこう 墳墓顕彰記念碑が建立され、翌31年には本殿が落成した。さらに檀家により石段、灯籠などが整備された。

日蓮上人の父親が井伊家の分家・貫名家の出であるという説・・・
 

このことが、後に訪ねたお寺に繋がっていくのでした。

応援のポチッのご協力お願いします。

 

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村

 


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

| | コメント (2)
|

誓願寺(1)源頼朝が創建した誓願寺

静岡市駿河区丸子の誓願寺(せいがんじ)は、建久年間(1190〜1192年)に源頼朝が両親の追善供養のために創建したお寺です。
Img_0772 Img_0773
 
しかし、天文年間(1532~1555年)の丸子城の戦火で類焼。
 
Img_0777 Img_0778
 
元禄11年(1568年)駿府に進出した武田信玄がこれを惜しんで再建したものです。
 
Img_0782
 
Img_0774 Img_0776 Img_0775

応援のポチッのご協力お願いします。wink

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

 

| | コメント (2)
|

源頼朝ゆかりの油山寺(6)御霊杉

御霊杉
Img_4874

弘法大師所縁の霊木で、天然記念物に指定されています。

伝説には、お大師様が油山寺にご掛錫のみぎり貧しき村民の幼子が病で命を落とさんとしているのを、法力を持って助け、その両親がお礼に夫が松、妻が杉でいちぜんの箸を作り、お大師様の食膳にささげられたそうです。

その松と杉でできた箸を、お大師様は旅立ちに際し人の真心の尊さを説くものとしてこの地に挿したところ、不思議と箸より芽が出て幹が松、枝葉が杉の霊木となったということです。

天狗杉
Img_4886 Img_4887

樹齢1100年の天狗杉の根です。

当山守護神・軍善坊大権現(足腰の神)所縁の霊木です。

Img_4922

応援のポチッのご協力お願いします。wink

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

| | コメント (2)
|

源頼朝ゆかりの油山寺(5)本堂

薬師本堂
Img_4915

建久元年、源頼朝が眼病全快のお礼として寄進、遠江国守護職・工藤祐経が普請奉行にあたった建物。

その後、元文3年(1738年)時の山主幸恵法印が8代将軍・吉宗に拝謁の砌病気平癒のお礼に再建寄進されたものであるとされています。

江戸中期の遺構として静岡県指定文化財に指定され、昭和46年文化庁の指導監督により修理が施されました。
Img_4917

薬師本堂内正面に菊の御紋がはいり金色に輝く宮殿厨子は、今川義元の寄進であり、中には秘仏の本尊である薬師如来が安置されています。
Img_4916


室町時代の名作として国の重要文化財に指定され、優美な蛙股は室町の特徴を表しています。
正面一間、桁行二間、妻入宮殿造、屋根板瓦葺で天正年間(1573~1592)に扉の金具その他の修理を行った記録があり、昭和42年、全解体復元をし、建立当初の美しい姿を取り戻しました。(油山寺HPより)
Img_4920 Img_4924


Img_49252 Img_4926

Img_4918 Img_4918_2

応援のポチッのご協力お願いします。wink

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

| | コメント (2)
|

源頼朝ゆかりの油山寺(4)源頼朝寄進の三重塔

油山寺三重塔は建久元年(1190年)源頼朝が眼病全快のお礼に建立されたものであり、その後、遠江国守護職工藤祐経が薬師堂と共に普請奉行をした塔です。

Img_4910 Img_4911

内陣には、弘法大師作と伝えられる大日如来を安置し、塔の高さはおよそ23メートル、上層は唐様と天竺様を用い、中下層は和様式、三手先組一式、上層は2.3メートル四桃山期の姿を今に伝え、桃山の三名塔の一つに数えられています。
方、中層は2.8メートル四方、下層は3.6メートル四方。

昭和42年、頼朝が建立して以来初の全解体修理に着手、同44年に復元竣工した静岡県最古の塔。 

Img_4912

Img_4914 Img_4913

応援のポチッのご協力お願いします。wink

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

| | コメント (2)
|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント | 丹後局 | 亀井六郎 | 京菓子 | 仁田忠常 | 今井兼平 | 今若(全成) | 伊東祐親 | 伊東祐隆 | 佐竹義重 | 佐藤継信・忠信 | 俊寛 | 八条女院 | 八重姫 | 北条政子 | 北条時政 | 北条氏 | 千葉氏 | 土佐坊昌俊 | 堀河天皇 | 大姫 | 大庭景親 | 大河ドラマ展 | 安徳天皇 | 富樫泰家 | 小督 | 尼御前 | 山吹御前 | 崇徳院 | 嵯峨天皇 | 巴御前 | 常盤御前 | 平宗盛 | 平康頼 | 平忠度 | 平忠盛 | 平敦盛 | 平時子(二位尼) | 平時忠 | 平景清 | 平業盛 | 平清宗 | 平清盛 | 平盛俊 | 平知盛 | 平知章 | 平経正 | 平維盛 | 平親範 | 平道盛 | 平重盛 | 平重衡 | 平頼盛 | 建礼門院 | 弁慶 | 待賢門院 | 後嵯峨天皇 | 後白河天皇 | 後醍醐天皇 | 後鳥羽上皇 | 文覚上人 | 斉藤実盛 | 日蓮 | 曾我兄弟 | 木曽義仲 | 松尾芭蕉 | 梶原景季 | 梶原景時 | 比企氏 | 法然上人 | 浄瑠璃姫 | 清和天皇 | 渡辺綱 | 湛増 | 源実朝 | 源平グッズ | 源朝長 | 源満仲 | 源為義 | 源範頼 | 源経基 | 源義光 | 源義家 | 源義朝 | 源義経 | 源頼信 | 源頼光 | 源頼家 | 源頼政 | 源頼朝 | 源頼義 | 滋賀のイベント・観光情報 | 滝口入道・横笛 | 熊谷直実 | 熊野御前 | 白河天皇 | 祇園祭 | 祇王・祇女・仏御前 | 美福門院 | 義経ゆかりの地を訪ねて | 藤原師長 | 藤原秀衡 | 袈裟御前 | 西行 | 近江路・歴女ブロガーの旅紀行 | 近衛天皇 | 那須与一 | 金売り吉次 | 長田忠致 | 阿古屋 | 阿波内侍 | 静御前 | 高倉天皇 | 鬼一法眼 | 鳥羽天皇