滝口入道・横笛

高野山を訪ねて(10)滝口入道・横笛ゆかりの大圓院

大圓院は、延喜年間(901~923)に聖宝理源大師により開設されました。
この時は多聞院と呼ばれていました。
 
表門
Img_2606
 
寛永2年(1625年)の建築
 
玄関
Img_2607 Img_2609 Img_2610
 
 
本堂
Img_2608
 
 
12世紀頃、第8代住職を務めた阿浄とは、高山樗牛の小説『滝口入道』で有名な滝口入道のことです。
出家前の名前は斎藤時頼で、平重盛に仕える平家の武将でした。
 
ここ大圓院には、入道と横笛の悲恋が伝えられています。
滝口入道が大円院の縁にいた時、一羽の鶯が梅の木にとまり、綺麗な声で一声鳴くとその木の下にある井戸にポトリと落ちて、死んでしまいました。この鶯は、横笛の化身であり、高野山の滝口入道に会いに飛んで来たといわれる寺伝があります。
入道は、その鶯が横笛だと気づき、横笛の菩提を弔うため、阿弥陀如来の胎内に亡くなった鶯(横笛)を収め、「鶯の弥陀」として大圓院の本尊としました。
 
横笛碑
Img_2615
 
鶯になった横笛がとまりにきた「鶯梅(おうばい)」という紅梅。
 
Img_2611_2 Img_2617
 
鶯になった横笛が落ちたとされる鶯の井戸
 
Img_2614
 
1600年(慶長5年)頃、柳川藩主・立花宗茂の帰依により宗茂の法号である大円院殿をもらい、寺名を「大圓院」に改称しました。
 
鐘楼
Img_2618

貞享5年(1688)鋳造

応援のポチッのご協力お願いします。wink

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村


偉人・歴史人物 ブログランキングへ

| | コメント (5)
|

横浜三渓園の横笛庵

横浜の三渓園横笛庵という建物があります。

Img_6023_b Img_6025_b Img_6026_b Img_6027_b Img_6028_b

建物内に横笛の像が安置されていたことから横笛庵と呼ばれていますが、横笛の像は、戦争の際に失われてしまいました。

横笛は、高倉天皇の中宮 建礼門院に仕え、平清盛の従者である斉藤時頼(滝口入道)と悲恋に終わった女性です。 横笛が、他の人々の恋が実ることを願って、時頼から寄せられた千束の恋文で作った己の像は、縁結びの像」として知られていました。

(案内板、三渓園HP参照)


heart02
FC2ブログランキング&人気ブログランキングに参加していますheart02

応援のポチッのご協力お願いします。wink

人気ブログランキングへ

| | コメント (4)
|

滝口寺

祇王寺から石段を少し昇って滝口寺

ここは、「平家物語」の滝口入道こと斉藤時頼と建礼門家の侍女・横笛悲恋の地として知られています。

身分の違いから許されなかった恋

境内には、入道に会えない横笛が、指を切って、そので書いたという横笛が残されてます。

本堂には、入道と横笛の木像が安置されています。

横笛は、川に身を投げたとも、出家したとも言われていますが、
あの世では、再び入道と巡り合うことができたのでしょうか?

人気ブログランキング参加中
 投票お願いします!
人気ブログランキング

FC2ブログランキング参加中
 投票お願いします!
FC2ブログランキングImg_4594_c Img_4599_c Img_4596_c Img_4601_c

| | コメント (2)
|

横笛と入道の悲恋 大堰川(おおいがわ)

春の嵐山へ行って来ました。

嵐山のシンボルである渡月橋がまたがる大堰川(おおいがわ)は、横笛の悲恋の舞台です。
建礼門院の侍女・横笛と平重盛に仕える武士・斉藤時頼は愛し合っていましたが、身分違いということから、時頼の父に反対され、横笛に対する気持ちを断ち切るため、時頼は嵯峨に出家し、滝口入道となります。
嵯峨にまで時頼を追いかけて来た横笛を入道は追い返し、、絶望した横笛は大堰川に身を投げたいう話が伝わっています。

横笛については高野山まで入道を追った後、出家し、奈良の法華寺において生涯を終えたとの話もあります。
これについては過去の記事 滝口入道と横笛をご覧ください。Img_0390c Img_0402c

| | コメント (6)
|

法華寺(2) 本堂

桃山時代に建築された本堂には、光明皇后がモデルという木造十一面観音立像(国宝)、乾漆維摩居士坐像(重文)、横笛像などが安置されている。

横笛像は、横笛が滝口入道との間に交わされた文がらをもって自らの姿を作ったものとされています。

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking


| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

法華寺(1)横笛堂

奈良の法華寺の境内には、平家物語に登場する建礼門院の雑士女・横笛が出家後、移り住んだという横笛堂がある。横笛は斉藤時頼(後の滝口入道)とのかなわぬ恋の行く末、出家し、この横笛堂で仏門に励んだといわれている。

滝口入道と横笛については1/16~1/25に掲載してありますのでご覧下さい。
http://shizuka.cocolog-tnc.com/shizuka/2006/01/index.html

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

2_c_3 3_c

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

滝口寺(7)滝口入道と横笛

横笛の死については、他の説もあります。「源平盛衰記」では、17歳の横笛は嵯峨野の大堰川に身を投げます。そのことを知った入道は大堰川に駆けつけます。彼女の遺体を火葬し、彼女の骨を自ら首にかけて、寺を供養して歩き、高野山の奥の院に卒塔婆を立てて、弔ったといわれています。

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

滝口寺(6)滝口入道と横笛

阿浄はその鶯の亡骸を胎内に納めて、阿弥陀如来像を彫ります。この像は、鶯阿弥陀如来像として大円院の本尊となり、梅の木を鶯梅(おうばい)、井戸を鶯井(うぐいすい)と呼んで、大切にしているそうです。

滝口寺のお堂には、入道と横笛の木像が安置されています。この世では結ばれない二人でしたが、心は永遠に結ばれているのかもしれません。3_b

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

滝口寺(5)滝口入道と横笛

その後、入道は高野山・大円院の8代住職となり、阿浄と称しました。ある日、入道は、大円院の庭の梅の木に鶯がとまっているのに気がつきます。阿浄を見つめるようにさえずり、舞い上がった鶯は、急に弱々しくなり、井戸の中へと落ちていきました。阿浄は思わず「横笛」と叫び、井戸へ駆け寄ります。その鶯の姿が、入道には横笛に見えたのでした。

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

滝口寺(4)滝口入道と横笛

入道は、横笛にまた歌を送り、

高野山 名をだしに知らで 憂きをよそなる 我身なりせば(入道)

横笛はそれに答えます。

やよや君 死すれば登る高野山 恋も菩提の種とこそなれ(横笛)

病が重くなった横笛は、生涯入道のことを想いながら、わずか19歳でこの世を去りました。天野の里の人々は、彼女を弔うために、庵のそばに塚を作りました。(横笛のお墓は、和歌山県かつらぎ町天野にあります。)

境内には入道と横笛の歌問答旧跡があります。奥にあるのが、横笛が自分の血で歌を書いたという石です。5_b 6_b

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

その他のカテゴリー

イベント | 丹後局 | 亀井六郎 | 京菓子 | 仁田忠常 | 今井兼平 | 今若(全成) | 伊東祐親 | 伊東祐隆 | 佐藤継信・忠信 | 八条女院 | 八重姫 | 北条政子 | 北条時政 | 北条氏 | 千葉氏 | 土佐坊昌俊 | 堀河天皇 | 大姫 | 大庭景親 | 大河ドラマ展 | 安徳天皇 | 富樫泰家 | 小督 | 尼御前 | 山吹御前 | 崇徳院 | 嵯峨天皇 | 巴御前 | 常盤御前 | 平宗盛 | 平康頼 | 平忠度 | 平忠盛 | 平敦盛 | 平時子(二位尼) | 平時忠 | 平景清 | 平業盛 | 平清宗 | 平清盛 | 平盛俊 | 平知盛 | 平知章 | 平経正 | 平維盛 | 平親範 | 平道盛 | 平重盛 | 平重衡 | 平頼盛 | 建礼門院 | 弁慶 | 待賢門院 | 後嵯峨天皇 | 後白河天皇 | 後醍醐天皇 | 後鳥羽上皇 | 文覚上人 | 斉藤実盛 | 日蓮 | 曾我兄弟 | 木曽義仲 | 松尾芭蕉 | 梶原景季 | 梶原景時 | 比企氏 | 法然上人 | 浄瑠璃姫 | 清和天皇 | 渡辺綱 | 湛増 | 源実朝 | 源平グッズ | 源朝長 | 源満仲 | 源為義 | 源範頼 | 源経基 | 源義光 | 源義家 | 源義朝 | 源義経 | 源頼信 | 源頼光 | 源頼家 | 源頼政 | 源頼朝 | 源頼義 | 滋賀のイベント・観光情報 | 滝口入道・横笛 | 熊谷直実 | 熊野御前 | 白河天皇 | 祇園祭 | 祇王・祇女・仏御前 | 美福門院 | 義経ゆかりの地を訪ねて | 藤原師長 | 藤原秀衡 | 袈裟御前 | 西行 | 近江路・歴女ブロガーの旅紀行 | 近衛天皇 | 那須与一 | 金売り吉次 | 長田忠致 | 阿古屋 | 阿波内侍 | 静御前 | 高倉天皇 | 鬼一法眼 | 鳥羽天皇