藤原秀衡

2011年4月11日 (月)

東京の源平史跡(4) 八幡山本願寺・車返八幡神社

八幡山本願寺は、京王線の武蔵野台駅から約200mのところにあります。

Img_3217_b Img_3222_b

由緒書によると、

「車返は現在の白糸台二・四・五丁目の一部(旧甲州街道・いききの道沿い)に集落の中心があった村落で、幕末の地誌「新編武蔵風土記稿」には家数総て八十九軒で、西を上とし、中央を中と言い、東方を下と言ったという。古名を白糸村と称した。地名の起こりは、本願寺の縁起によると、源頼朝が奥州藤原氏との戦いの折、秀衡の持仏であった薬師如来を畠山重忠に命じて鎌倉へ移送中に当地で野営したが、夢のお告げによってこの地に草庵を結んで仏像を安置し、車はもとへ返したことに由来するといわれる。境内は市立第四小学校西側にあったとされ、彦四郎塚、首塚と呼ばれる古塚が現存する。
後にお堂は兵火で焼かれたが、総州の彦四郎こと大久保彦四良により再建され、永正13年(1516)鎌倉光明寺の僧教誉良懐上人を迎えて中興開山となし一寺の形態を定めたという。時代は下って天正2年(1574)徳川家康の家臣で当地の領主であった宮崎恭重が境内、堂宇を寄進し、寺を現在地に移転し、この時初めて当寺を八幡山本願寺と呼称したという。」

Img_3218_b Img_3221_c

薬師堂

Img_3223_b

隣接して車返八幡神社があります。

Img_3224_b Img_3225_b

人気ブログランキング参加中
 投票お願いします!
人気ブログランキング

FC2ブログランキング参加中
 投票お願いします!
FC2ブログランキング

2005年9月16日 (金)

中尊寺(5)金色堂

本堂を過ぎればすぐ左手に金色堂が見えてきます。金色堂は、中尊寺創建当初の唯一の遺構です。皆金色の阿弥陀堂は、金箔、金銀珠玉、夜光貝などの装飾が施され、藤原氏の黄金文化を象徴しています。本尊は阿弥陀如来。中央の仏壇には清衡公、向かって左が基衡公、右に秀衡公の御遺体、泰衡の首級が納められています。C_37

2005年8月 5日 (金)

二つ御堂

浜松市東若林町の国道を挟んで両側に、二つの御堂がある。北の御堂は、藤原秀衡の愛妾が秀衡が京都で死去したとの誤報を聞いてこの地に建てたものである。その後、愛妾は病で死んでしまった。一方、南の御堂は、その話を聞いた秀衡が、平泉に帰る途中、愛妾のために建てたものである。 

南の御堂                              北の御堂    b bb

 

  

秀衡松  b b          b                                       

  

                    

                                                                                         

その他のカテゴリー

イベント 三浦義村 丹後局 亀井六郎 京菓子 仁田忠常 今井兼平 今若(全成) 伊東祐親 伊東祐隆 佐竹義重 佐藤継信・忠信 俊寛 八条女院 八重姫 六代御前 北条政子 北条時房 北条時政 北条氏 北条泰時 北条義時 北条長時 千葉氏 土佐坊昌俊 堀河天皇 大姫 大庭景親 大河ドラマ展 安徳天皇 安達泰盛 富樫泰家 小督 尼御前 山吹御前 崇徳院 嵯峨天皇 巴御前 常盤御前 平宗盛 平康頼 平忠度 平忠盛 平敦盛 平時子(二位尼) 平時忠 平景清 平業盛 平清宗 平清盛 平盛俊 平知盛 平知章 平経正 平維盛 平親範 平道盛 平重盛 平重衡 平頼盛 建礼門院 弁慶 待賢門院 後嵯峨天皇 後白河天皇 後醍醐天皇 後鳥羽上皇 文覚上人 斉藤実盛 日蓮 曾我兄弟 木曽義仲 松尾芭蕉 梶原景季 梶原景時 比企氏 法然上人 浄瑠璃姫 清和天皇 渡辺綱 湛増 源実朝 源平グッズ 源朝長 源満仲 源為義 源範頼 源経基 源義光 源義家 源義朝 源義経 源頼信 源頼光 源頼家 源頼政 源頼朝 源頼義 滋賀のイベント・観光情報 滝口入道・横笛 熊谷直実 熊野御前 畠山重忠 白河天皇 祇園祭 祇王・祇女・仏御前 美福門院 義経ゆかりの地を訪ねて 藤原師長 藤原秀衡 袈裟御前 西行 近江路・歴女ブロガーの旅紀行 近衛天皇 那須与一 金売り吉次 長田忠致 阿古屋 阿波内侍 静御前 順徳天皇 高倉天皇 鬼一法眼 鳥羽天皇

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ