源実朝

2010年3月10日 (水)

あの大銀杏が・・・

鎌倉の鶴岡八幡宮の大銀杏が風で倒れてしまったのですねweep

八幡宮へは何度も行っているので、ニュースを見て驚きました。

大銀杏は、樹齢1000年以上とされる高さ30m周囲約6.8mの大木。

1219年、鎌倉幕府3代将軍・源実朝を暗殺した2代将軍・頼家の

遺児である
公暁(くぎょう)がこの銀杏の陰に隠れて待ち伏せして

いたとされ、
「隠れ銀杏」とも呼ばれています。

その後のニュースでは、植え替えによる回復は不可能ということ。

八幡宮のシンボルだったのに何とも残念です。

写真は2006年の夏に撮影したものです。

この頃は元気そうだったのに・・・

人気ブログランキング参加中
 投票お願いします!
人気ブログランキング

FC2ブログランキング参加中
 投票お願いします!
FC2ブログランキング

2c_23

| | コメント (8)
|

2008年4月16日 (水)

大通寺

六孫神社から東寺を通って大通寺へ。

ここは清和天皇の第六皇子・貞純親王の御子、六孫王経基(つねもと)の子・満仲が父の墓所に堂宇を建立したのが始まりとされています。
その後、源実朝が鎌倉八幡宮で甥の公暁に暗殺され、妻が出家して八条禅尼(本覚尼)と名を改め、夫を弔って創建しました。
「尼寺」として親しまれ、実朝の母である北条政子もこの寺を援助したといわれています。
元禄時代には今の六孫神社が造営され、塔頭もたくさん建てられました。
本堂の脇壇には、実朝像が安置されています。

こちらは一般公開されていないため、門の外から写真だけ撮らせていただきました。Img_3110b Img_3109

| | コメント (8)
|

2006年7月30日 (日)

寿福寺(3) 実朝の墓

政子の墓の横には、3代将軍・実朝の墓がある。
実朝は、2代将軍・頼家の遺児・公暁に殺された。
まだ28歳、若すぎる死であった。


寿福寺の墓地には、その他、高浜虚子、大佛次郎などの文人の墓もある。C_923c_12

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2006年7月19日 (水)

鶴岡八幡宮(8) 大銀杏

1219年1月27日、三代将軍・源実朝は右大臣拝賀の式の直後、この大銀杏の陰に隠れていた二代将軍・頼家の遺児・公暁によって殺害された。そのことから、この木は隠れ銀杏とも呼ばれている。

公暁・・・父・頼家、母・比企能員の娘の子。頼家が伊豆・修善寺で殺害された後、鶴岡八幡宮別当定暁の下で出家する。後に、鶴岡八幡宮別当に就任。父・頼家の死は、北条義時や実朝の陰謀と信じて、実朝の暗殺に踏み切るが、すぐに討ち取られた2c_23

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

| | コメント (14) | トラックバック (0)
|