土佐坊昌俊

2011年11月27日 (日)

金王八幡宮

JR渋谷駅東口から歩いて10分ほどのところにある金王八幡宮

Img_9556_b Img_9541_b Img_9544_b 

Img_9540_b_2 Img_9539_c Img_9538_b

平安時代、渋谷氏の祖・河崎基家と源義家が八幡宮を創建し、その一帯に1092年、基家の息子の重家が渋谷城を築城しました。重家は、京都の御所に侵入した賊を捕らえた褒美に堀河天皇から渋谷の姓をもらったことから渋谷の地名がうまれたとされています。 また重家が八幡神に祈願して嫡男・金王丸を授かったことから金王八幡の名がおこったといいます。
金王丸は17歳の時、源義朝に従って保元の乱で武功を立てましたが、平治の乱で義朝は家臣の裏切りに遭い、無残な最期を遂げます。 金王丸は、出家し、土佐坊昌俊と名乗り、義朝の霊を弔いました。
その後、義朝の子である源頼朝に、義経を討てとの命令をくだされ、金王丸は、断れずに討伐に行き戦死しました。
その金王丸の逸話が有名になり、八幡宮はいつしか、金王八幡宮と呼ばれるようになったそうです。

Img_9549_b Img_9551_c Img_9552_b Img_9553_b

時を経て、渋谷城は1524年北条氏綱との戦いで、渋谷氏が滅亡する際に焼き払われてしまい、渋谷城の跡は、砦とりでの石一つと八幡宮が残りました。 金王八幡宮の現在の社殿は、徳川家光が3代将軍に決定した御礼として家光の乳母の春日局と教育役の青山忠俊らが奉納したもので、社殿の真正面に立つ赤い立派な神門は、通称「赤門」と呼ばれています。

Img_9554_b Img_9555_c

ブログランキングに参加しています。

ご協力お願いします。

人気ブログランキングへ

2006年8月24日 (木)

土佐坊昌俊邸跡

小町大路沿いに土佐坊昌俊邸跡の石碑が建っている。

頼朝から京都・堀川にいる義経を討つことを命じられた昌俊は、出発前に頼朝に面会し、自分にもしものことがあったら、下野に残してきた年老いた母と子供たちに情けをかけて欲しいといったと伝えられている。
結局、義経暗殺は失敗に終わり、捕らえられた昌俊は六条河原で処刑された。

しかし、これには異説もあり、以前、義経の父・義朝に仕えていた昌俊を、義経は殺すことができず逃がしたという。
今となってはどちらが真実か闇の中である。C_109

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

土佐坊昌俊については過去の記事2006年3月8日「左女牛井之跡」もご覧下さい。

http://shizuka.cocolog-tnc.com/shizuka/2006/03/index.html

2006年6月11日 (日)

冠者殿社(3)

土佐坊がなぜ祀られたか?
これは誓文払いに関係している。
誓文払いとは、商売上の駆け引きで一年についた嘘の罪を払ってもらうという商店の安売り、すなわちセールのことである。
土佐坊は死に際に「今後は忠義だてのために偽りの誓いをした者を救ってやる」という誓文返しの願をかけ、神になったといわれている。
また、祇園や先斗町の遊女たちは、日頃お客についている嘘を帳消しにするためにお参りしたという。(「義経と平家の京都」参照)


FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

2006年6月 9日 (金)

冠者殿社(2)

誓文を書いた土佐坊を義経は宿舎に返した。その後、土佐坊は堀川館を急襲したものの襲撃に失敗し、土佐坊は捕らえられ、義経の前に引き出された。
義経は「わが主人の命を重んじて、誓文をしたためてまでこの義経を狙うとは忠義なもの。命が惜しければ鎌倉に返してやる。」と言ったのだが、土佐坊は、「この命は鎌倉殿に捧げたもの。即刻、首をはねていただきたい。」と答えた。
そして、土佐坊、息子、郎党の三人が六条河原で首をはねられた。

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

2006年6月 7日 (水)

冠者殿社(1)

京都の繁華街・四条通りの八坂神社御旅所の右側に、冠者殿社という小さな社がある。
ここは、土佐坊昌俊を祭ったものといわれている。
土佐坊といえば、頼朝の命で義経を襲撃した人物である。
土佐坊は、熊野詣のために上京したと偽り、堀川邸を訪ねたが、義経と弁慶に上洛の目的を怪しまれる。義経を暗殺する意思はないという旨を誓紙に書いて神に捧げた。1c_6

FC2ブログランキング参加中!

投票にご協力お願いします⇒FC2 Blog Ranking

その他のカテゴリー

イベント 三浦義村 丹後局 亀井六郎 京菓子 仁田忠常 今井兼平 今若(全成) 伊東祐親 伊東祐隆 佐竹義重 佐藤継信・忠信 俊寛 八条女院 八重姫 六代御前 北条政子 北条時房 北条時政 北条氏 北条泰時 北条義時 北条長時 千葉氏 土佐坊昌俊 堀河天皇 大姫 大庭景親 大河ドラマ展 安徳天皇 安達泰盛 富樫泰家 小督 尼御前 山吹御前 崇徳院 嵯峨天皇 巴御前 常盤御前 平宗盛 平康頼 平忠度 平忠盛 平敦盛 平時子(二位尼) 平時忠 平景清 平業盛 平清宗 平清盛 平盛俊 平知盛 平知章 平経正 平維盛 平親範 平道盛 平重盛 平重衡 平頼盛 建礼門院 弁慶 待賢門院 後嵯峨天皇 後白河天皇 後醍醐天皇 後鳥羽上皇 文覚上人 斉藤実盛 日蓮 曾我兄弟 木曽義仲 松尾芭蕉 梶原景季 梶原景時 比企氏 法然上人 浄瑠璃姫 清和天皇 渡辺綱 湛増 源実朝 源平グッズ 源朝長 源満仲 源為義 源範頼 源経基 源義光 源義家 源義朝 源義経 源頼信 源頼光 源頼家 源頼政 源頼朝 源頼義 滋賀のイベント・観光情報 滝口入道・横笛 熊谷直実 熊野御前 畠山重忠 白河天皇 祇園祭 祇王・祇女・仏御前 美福門院 義経ゆかりの地を訪ねて 藤原師長 藤原秀衡 袈裟御前 西行 近江路・歴女ブロガーの旅紀行 近衛天皇 那須与一 金売り吉次 長田忠致 阿古屋 阿波内侍 静御前 順徳天皇 高倉天皇 鬼一法眼 鳥羽天皇

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ