待賢門院

2007年5月18日 (金)

法金剛院

嵐山の帰り、JR花園駅にほど近い法金剛院に寄りました。
ここは平安時代初期の右大臣・清原夏野の山荘を平安末期に待賢門院(鳥羽上皇の中宮、後白河天皇の母)が再興した律宗のお寺です。
「花の寺」と呼ばれるだけあって、桜、ハス、アジサイ、ハナショウブなど四季折々の花を楽しめます。特にハスは有名で、池の中や池の周囲の置かれた鉢植えに様々な種類のハスを見ることができます。
私が訪れた4月は枝垂桜が満開でした。Img_0405c Img_0407c Img_0410c Img_0412c Img_0406c

| | コメント (4)
|