梶原景季

2007年7月15日 (日)

宇治川先陣之碑

木曽義仲追討の命を受けた義経は京都の宇治川を挟んで義仲軍と対峙した。
義経軍の家臣である梶原景季と佐々木高綱が先陣を争うことになる。
高綱が景季に馬の腹帯が緩んでいると声をかけると、景季が締め直そうと手綱を離している隙に、高綱は宇治川に馬を乗り入れ、宇治川先陣の名乗りをあげた。

この故事にちなんで宇治川の橘島に宇治川先陣之碑が建っています。1c_75 C_196

| | コメント (8)
|